原因は分らない ミサイルは日航機エンジンに激突していた―空対空ミサイル「ファルコン」の残骸, 17. 知代子 【チャイルド・プレイ/CHILD'S PLAY】『チャッキー ドール グッドガイ... 【最安値に挑戦!5,000円OFFクーポン付き&送料無料!】吉野家 冷凍牛丼の具...価格:11988円(税込、送料無料) (2019/8/31時点), 太古のカルシウムPLUS(プラス) ソマチット粉末220g入り 今、大注目「善玉...価格:5130円(税込、送料別) (2018/8/31時点), 毎回ポイント10倍 初回永久全額返金保証書付 送料無料 公式 チャップアップ C...価格:8880円(税込、送料無料) (2019/8/31時点), 脱げない!フットカバー 17万足突破★楽天デイリーランキング1位★見えない!スリ...価格:500円(税込、送料別) (2019/3/20時点), 世界 | 真実 | ニュース               本当に今迄は 幸せな人生だった 今回は日航機墜落事故について言われている様々なことについて調べていきます。悲惨すぎる事故だったということですが、多くの人がなにかしらの点で気になることがあり様々なことがネット上でも言われています。また日航機墜落事故のタブーと言われている内容 この事故も、米軍がらみになると、真相の究明はタブーなのか、と言う失望感があります。 事故調査委員会の報告書は最後まで事故機の航跡のように迷走しています。 機体にあった修理歴は事実としても垂直尾翼の欠落が墜落の直接原因とは思えないのです。 日本航空123便事墜落事故については下記の2記事をupしていましたが追跡調査で新たな内容が判明しましたのでここに謹んでご報告いたします自己直後、数十名から100名近くの人々が生存していた。自衛隊員は遭難した人々を救助するでなく証拠隠滅を図っていた事故当日、オフ 1985年8月12日、日航123便が御巣鷹山に墜落。520人の命が失われた大事故から早33年の時が経った。しかし、いくら時間が経過しようと、「8・12」の記憶がもたらす痛ましさが変わることはない。今なお残る事故の生々しさ。 きのうみんなと 食事をしたのは と感謝している, この遺書を読むと泣きそうになる内容ですね。昨日は普通に過ごしており、まさかこのような飛行機の事故に巻き込まれるとはまったく思っていなかったはずですから。, この方もそうですが、亡くなった方たちは家族への想いをつずっている人が多いみたいですね。さらにこの事故の後に生きている人について調べていきます。, このような事故を経験しているということからやはり相当な心理的と同時に肉体的ダメージを受けていると考えられます。, 日本航空123便墜落事故で4人生存している方の現在はどのような感じなのか?ということが気になるので調べてみました。4人とも平凡に毎日を暮らしているようです。, ただしこの4人のうち事故で家族を亡くしている方もいるので複雑な気持ちだとは思いますが、事故のことにはあまり触れずに過ごされているようですね。この生存された4人は事故にあったときに姿勢やベルトの締め方などで奇跡的に生還されたということが言われてるようです。, ここまでで日本航空123便墜落事故についての事故についての気になる内容とさせていただき、次に進んでいきます。ここからは事件後に起きたことに関して実は大きな注目が集まっているということについて書いていきます。, 御巣鷹山で慰霊登山のために登山道を整備していた日本航空の社員が足を滑らせて転落して亡くなるという事故が起きました。この転落してなくなった方は遺族の対応にあたるご被災者相談室長だったということがわかっています。, 登山道にはご遺族が慰霊に来ることからその道の整備をしていたのではないか?そしてその途中に足を滑らせて亡くなったのではないか?と言われていますが、実はネット上ではこのことに関してこのようなことが言われています。, ネット民の間ではこの事故は偶然ではないのではないか?と思っている人が多くいるようです。御巣鷹山に行ってはいけないと検索する人が多くいるようです。そしてこのような書き込みもあります。, 形のないことですし、まったくわからないことですが多くの方が亡くなっているということでそこにはなにかしらの霊を感じる人が多くいるようです。, この亡くなった日本航空の社員は遺族に対してとてもよくしている人だったという情報があり、そうなってくるとなおさらなぜそのような人が足を滑らせて亡くなったのか?ということが怖いということでしょうね。, ネットでもこの事故は話題になりました。そして最後に気になることについて触れていきます。おそらくこの記事をご覧いただいている方の関心の中心にある内容なのか?と思う内容について僕なりに調べてみました。, 実はこの日航機墜落事故にはタブーとされているのではないか?ということがいくつかあります。そしてそのことから解釈が実は日航機墜落事件なのではないか?といった解釈をされる人も多くいます。, ここから先は僕の憶測もかなりありますのでそのことを理解して読んでください。僕が思う限りではこの日航機墜落事故のタブーと言われている内容はこの4つではないか?と思うので順番に書いていきます。, 日航機墜落事故の現場が広い範囲にわたり黒焦げになっていたという情報があります。飛行機の燃料から考えてこのような広範囲にわたって黒焦げになることが考えずらいということでここから出る仮説が自衛隊の特殊部隊が生存者にガソリンをかけて黒焦げにしたのではないのか?という憶測が飛び交ったり、また生存者を探していた自衛隊員が銃で撃たれて亡くなっているという情報もあります。, この情報が本当ならばそこにはなにかしらの闇つまりみてはいけないものがあるのではないか?ということからタブーとされているようです。, 単なる飛行機の事故ではないと考えられるということですね。そしてこの自衛隊に関して気になる情報があるので書いていきます。, かなりおかしいことだと思います。偶然で自衛隊員がこんなになくなるわけがないと思います。ここにものすごい違和感があります。, この日航機墜落事故について中曽根内閣は墓場までもっているといっています。この発言が謎すぎます。, いったい中曽根内閣は何を墓場まで持っていくということでしょうか?ここから考えられることは日航機墜落事故について何か知っているのではないか?ということも十分に考えられます。, もちろん証拠がありません。すべて憶測です。そして最後に今回の記事のまとめと僕の感想を書きます。, 日航機墜落事故という多くの人が亡くなった悲惨な事故ですが、実が飛行機のパーツの劣化が原因ではないのではないか?ということを考える人が多くいます。, 一体どういうことかというと、真相不明の噂ですが実は自衛隊がミサイルをあやまって発射したのではないか?とも解釈できないだろうか?ということです。, にオレンジエアという情報があったことや日航機墜落事故にオレンジ色のものが残っていたことそしてこの日航機墜落事故の救出にむかったことを中曽根内閣が戻らせたのではないか?という情報があります。, オレンジエアというのは自衛隊の中で暗号のようなもので無人標的機や誘導ミサイルのことを指すといわれており訓練中の自衛隊員が誤射した可能性があり、そのことを自衛隊・政府で隠そうとしたのではないか?という見方があります。, この考えの延長線上で行くと自衛隊員が自●していることも理解できるということです。真相に関してはわかりませんが、この日航機墜落事故にはなにかしらの闇が隠されているのではないだろうか?と僕は思いますし、似たようなことを思っていらっしゃる方も多いのではないかな?と思います。, このようなことから考えて実は日航機墜落事故は単なる飛行機の事故ではないのではないか?と解釈される方も多くいるということです。僕も今回の記事のリサーチで多くの謎や闇を感じました。, 今後はこのような悲惨なことが二度と起こらないことと亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。ということで今回の記事はここで終わりです。. 1985年8月12日、日航123便が御巣鷹山に墜落。520人の命が失われた大事故から早33年の時が経った。しかし、いくら時間が経過しようと、「8・12」の記憶がもたらす痛ましさが変わることはない。今なお残る事故の生々しさ。 さようなら 今回は日航機墜落事故と自衛隊のタブーについて書いていきます。今回の記事内容は真相不明です。証拠がないからです。言い方を変えるならば証拠や確証はほとんど消されているからといったほうがいいのかもしれません。しかし全くないわけではありません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 実は日航機墜落事故が発生した日の当日の夜にnhkのニュースがテロップで流れました。その情報はこのようなものでした。, ただいま入った速報によりますと、現地に救援に向かった自衛隊内部で、銃撃戦が行われ、死傷者多数が出た模様です。, この内容は何なんだと思いませんか?なぜ救出に向かう自衛隊の中で銃撃戦がおきたのか?ということを僕なりに考えて書いていきます。この自衛隊内部とありますが、実はここを深堀していくととんでもないことがわかります。いったいどういうことかについて書いていきます。, 実は日本の自衛隊にはヤタガラスという戸籍を持っていない自衛隊員がいるということが分かっています。このヤタガラスというのはオカルトとかではなく、戸籍をもたない自衛隊の特殊部隊ということです。そして日航機墜落事故に関して必ず出てくる中曽根康弘の墓場までもっていくというのはこのヤタガラスという自衛隊を動かしたということかもしれません。もちろん真相はわかりません。さらに気になる情報について触れていきます。, 日航機墜落事故には様々なことが言われます。ここではその中から僕の気になる情報について触れていきます。実は123便にミサイルが当たったのではないか?ということですが、なぜこのようなことが言われるのか?という根拠について書いていきます。目撃情報ではオレンジ色の閃光をみたあとに飛行機が消えていったとか赤い炎をあげて飛行機が消えていったといった情報があります。さらに二度ほどパッパッと光ったという情報もあります。このことから考えられることが123便にミサイルが当たったことでパッパッと光ったのではないか?ということが予測できます。このことから考えると単純に飛行機が墜落したということではないか?ということの根拠になります。そしてミサイルが当たったのではないか?と考えられる理由としては亡くなった人の遺体にもつながっていきます。亡くなった方の遺体がひどいことまた飛行機の前と後ろの差が激しすぎるということも違和感のひとつになります。亡くなった方の遺体は飛行機の後ろ側から見つかったということで飛行機の前の方は原型をとどめていなかったということです。飛行機の事故ならばこのようなことが起こること自体おかしいと思いませんか?さらに気になるこのような情報もあります。, もしもこの123便にミサイルが的中していたということが本当であるならば、このミサイルが当たった証拠や遺体は自衛隊の特殊部隊が持ち帰っていたのではないか?とも言われています。このことに関しては自衛隊は人命救出よりも何か他のことを優先していたということが言われているので、実はそれがミサイルが当たった遺体や証拠となりそうなものを持ち帰っていたと考えられませんか?ここからは確証がなくわかりませんが、この特殊部隊がヤタガラスなのかあるいは他の可能性も考えられます。在日米軍には在日朝鮮人を集めた部隊がいると言われており、考えられる可能性はヤタガラスと自衛隊あるいは在日朝鮮人と自衛隊の共同行為だったと考えられます。そしてこのことを考えるとこの話にも説明がつきます。, 日航機墜落事故でよくきく自衛隊の人が射殺されたという話ですが、人命を優先しようと考えた結果と言われますが、僕の解釈ではまだこのミサイル処理が終わっていないところに入っていこうとしたということが考えられませんか?ちなみにこの自衛隊の人が●されたということから考えると在日朝鮮人の特殊部隊と自衛隊の共同行為と考えられます。アメリカの在日韓国人や在日朝鮮人の戦闘プロ集団であればミサイルの処理を見られたということであれば●してもおかしくないと思います。そして最後に真相不明の噂について触れていきます。, 実は日航機墜落事故は自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んだのではないか?という説があります。はっきりした証拠がないですが、飛行機の中はほとんど焼かれていたことや操縦していた人の遺体がなかったということからおかしすぎると思います。いったいなぜ自衛隊の特殊部隊がミサイルをうちこんだのか?という目的は分かりません。そして自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んだ証拠もありません。しかしこのことから考えられることはこの日航機墜落事故の後に自衛隊員が90人自●しているということにつながるのではないか?と僕は思います。今回の記事は僕が今まで日航機墜落事故に関して調べてきて思ったことを書いてみました。正しいかどうかはわかりません。しかしこのようにも考えられる可能性があると思います。あとは読んでいただいた読者さんにお任せします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。.