ホーム » 製品 » ForeAthlete® 235J BlackRed » ベルト交換キット FAx3x用 Black/White. ガーミン ForeAthlete 235Jの基本性能 ガーミン ForeAthlete 235Jの使い方 自分好みのベルトで個性をだそう! ガーミン ForeAthlete 235Jは防水仕様! ForeAthlete 235Jの活用例 ガーミン ForeAthlete 235Jの … ページを印刷. ForeAthletex3xシリーズ用のベルト交換キットです。 ... ForeAthlete® 235J BlackOrange. ¥5,000 (税别) 購入する ページを印刷 ... ガーミンにつ … ONLINE STORE. 商品番号 010-03717-6H. ブログを報告する. 22mmベルト 交換バンド For GARMIN(ガーミン) Fenix 5,Fenix 5 Plus, Fenix 6, Fenix 6 Pro,Forerunner 935, Forerunner 945, Approach S60, Quatix 5, Quatix 5 Sapphire, Garmin Instinct, D2 Delta, Sapphire 用 交換バンド/ベルト シリコン 軽量防水 クイックリリース瞬時取り付け 22mm ガーミン フェニックス5 用予備ベルト (ブラック+イエロー) ガーミン235jの機能や使い方は? ガーミン235jはこんな感じの箱に入っています。私が使っているのはオレンジ色のベルトのウォッチです。 ガーミンの時計は、結構良いお値段がしますけど、使える機能が満載で買う価値が本当にあると思います。 ForeAthlete® 235J. ランナーに人気の手首に装着するだけで心拍データが計測できるランニングウォッチ。光学式心拍計の性能が向上し、計測できるデータや新しい機能が強化されました。 ランニングする上で効率のいいトレーニングや負荷コントロールはランナーには必須。光学式心拍計の性能が向上したことにより、手首に装着するだけでVO2Max(最大酸素摂取量)とリカバリーアドバイザーといった運動強度の目安の計測が可能になりました。, ForeAthlete235Jで計測した心拍を対応のデバイスへ転送する心拍転送モード、スマホ連携を利用したオーディオアラートなど、トレーニング以外のユーザビリティ―にも配慮しています。, また、GarminのアプリダウンロードサイトであるConectIQにも対応し、ウォッチフェイス、ウィジット、アプリ、データフィールドの各種アイテムをダウンロードして自身でデバイスをカスタマイズすることが可能です。, ※1:Garmin connectを利用するには、まずパソコン側からGarmin Expressソフトウエアから製品登録が必要です。 ※2:本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。, 手首に装着したForeAthlete235Jのセンサーが心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータを計測します。 心拍計の性能が向上したことにより、前モデルで計測できなかった新たなトレーニング機能が利用可能になりました。効率的なトレーニングやトレーニング負荷のコントロールにお役立てください。, 最大心拍と安静時心拍を設定することで、現在のトレーニングが自身にとってどのレベルのものか、目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばいいかなど、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認できます。, 心拍ゾーンは自身の状態やトレーニング効果をカラーゲージで表示します。 例えば同じ内容のトレーニングを継続的に続けた場合、トレーニングを始めた頃はハード(オレンジ)だったのがモデレート(グリーン)に変化したり、リラックス(グレー)に変化してトレーニング内容に物足りなさを感じるなど、体力作りの進捗の目安としてもご利用頂けます。, ForeAthlete235Jで計測している心拍データをANT+対応のデバイスに転送(表示)する事が出来ます。 ForeAthlete235Jが心拍ベルトの代わりとなるので、従来の心拍ベルトを胸に巻く手間なく、デバイスに心拍を表示、デバイスを利用したトレーニングができます。, ※ 2016年3月現在対応するデバイス: FA920XTJ/ FA910XTJ/FA620J/FA610/FA225J/FA220J/FA210/FA15J/vivoactiveJ/vivosmartJ/vivofit2日本版/visofit日本版/Edge1000J/Edge810J/Edge800/Edge520J/Edge510J/Edge500/Edge25J/fenix3J/fenix2J/fenixJ/GPSMAP64SJ/eTrex30J/VIRB-J XE/VIRB-J Elite ※ 今後のソフトウエアで変更される予定あり, 人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量を計測します(単位はml/kg/分)。 運動する際は酸素を取り込むことでエネルギーを生成するので、最大酸素摂取量は運動能力(全身持久力)の指標と言えます。, 最大酸素摂取量(VO2max)を計測することで、5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定する「予想タイム」機能もあります。 走力レベルの把握やトレーニング負荷コントロールに役立てることができます。, 自己の履歴データや走行時の心拍数、ペースの変動から、トレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれます。 次回走行時にはスタートしてからしばらくすると、回復の度合いを示してくれるので、そのトレーニングでの負荷のかけ方の参考指標となります。, ForeAthlete235Jを手首に装着している間、あなたの心拍データを記録し続けます。 現在の心拍数、安静時心拍数、過去7日間の安静時心拍数平均値や日別の値のグラフを表示します。, ForeAthlete235JはGセンサー(加速度計)を内蔵しているので、屋内トレーニングやトンネル内など、GPSが受信できない環境でも心配なくトレーニングが行えます。オプションのアクセサリーを装着することなく、スピードと距離が計測可能です。, 一日の歩数や距離、消費カロリーなど毎日の基本的な動きを計測します。一日の目標ステップ数であるゴールは達成率が一目でわかるバーで表示され、常にモチベーションを維持します。, バックライトはキー操作やアラート発生時に自動点灯させることが可能です。 さらに自動点灯を夜のみに限定することができるナイトモードがあり、昼間の電力消費を極力抑えることができます。, ペアリング中のスマートフォンの着信や受信したメッセージの通知をデバイスの画面に表示します。, ペアリング範囲内にあるスマートフォンの位置をバイブレーションと音でお知らせします。, 自身でデバイスのウォッチフェイス、アプリ、ウィジェット、データフィールドのカスタマイズをすることができます。ConnectIQはそのアプリをダウンロードすることができるGarminが運営するサイトです。, ConnectIQアプリはConnect IQストアにアクセス、または、GarminExpress、GarminConnect Mobile(Android/iOS)よりダウンロードが可能です。, デバイスで記録したデータはGarminが運営する無料オンラインサイト「Garmin Connect」にアップロードしてみましょう。取得したデータが保存され、データの解析とデータの詳細を確認することができます。 また、ゴールの設定や、睡眠時間・睡眠中の動きの確認、ゴール達成状況や合計ステップに応じてバッジを獲得、友人や家族間でステップ数を競えるスコアボードなど、モチベーション維持をサポートする様々な機能がご利用いただけます。, フィットネスアクティビティデータをモバイルで確認できるモバイルアプリです。 スマートフォンアプリ「GarminConnect Mobile(Android/iOS)」をダウンロードし、デバイスとBluetooth※2接続すると、データの公開、解析、保存、ワークアウト作成などが利用できます。, Live Trackとは、ForeAthlete235JとスマートフォンをBluetooth接続し、現在の自分の位置をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。 友人やチーム間などで、自分が今どこを走っているのかを共有することができます。, イヤホンを付けてトレーニングを行った際に、ペアリングしたスマートフォンからラップ取得時や設定した時間毎にペースや心拍数の値を音声でお知らせします。, ※1 BLE対応のスマートフォンとペアリングし、GarminConnect Mobileを起動した状態で利用が可能です ※2 GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります, ※1:GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります ※2:BLE対応のスマートフォンとペアリングし、GarminConnect Mobileを起動した状態で利用が可能です ※3:Garmin connectを利用するにはパソコン側からGarmin Expressへの製品登録が必要です, Copyright © 1996-2020 Garmin Ltd. or its subsidiaries, 本ソフトウェアはこれが適用されるGPS製品にのみアップロードできます。その他の機器にアップロードした場合、使用できなくなる恐れがあります。本ソフトウェアのアップロードに失敗し、その後再アップロードをしても成功しない場合、GPS機器をガーミンアフターサービス部門にお送りいただき検査を受ける必要があります。, 本ソフトウェアをダウンロード、インストールするには必ず、下記のソフトウェアライセンス規約をお読み頂き、同意して頂く必要があります。本ソフトウェアをダウンロードまたはインストールした場合、これに同意したものとします。, Garmin Connect Mobileで編集したデイリーステップがデバイス上で更新されない問題を修正, メイン心拍ゾーンを使用する必要がある場合に、セカンダリ心拍ゾーンが使用されてしまう問題の修正, HRM-Tri / HRM-Swimストラップに保存された心拍数データのダウンロードが失敗する問題の修正, アクティビティを始めるとLiveTrackが自動的にスタートする機能の追加(※GCMで設定を行う必要あり), GarminConnectMobileのアップデート直後にウォッチフェイスが更新されるように機能改善, ConnectIQのウォッチフェイス上で一部テキストが正しく表示されない問題の修正, アクティビティプロフィール切換え時にバーチャルパートナーのペースが稀に切り替わってしまう問題の修正, バックライトの「時計を見た時」に「日没から」の項目を追加(日本版オリジナル) ※日没以降バックライトが点灯, アクティビティ設定のアラート項目に「ピッチ」と「ケイデンス」を追加しました(日本版オリジナル).